セミリタイア(アーリーリタイア)生活を夢見て実践していくブログです。

グルメ番組はセミリタイア生活の敵なのか?

新型コロナウイルスの感染拡大が始まって以来、グルメ番組が非常に増えていると感じているtake(たけ)です。

セミリタイアやアーリーリタイア生活をするには、私の資産状況では外食等の贅沢を控えて生活をしなければならないのは間違いない事実。散財をしてしまえばたちどころに資産が減り、行きたくもない仕事に行かなければならなくなったり、セミリタイア生活では仕事の時間を増やしたりしなければならない。

それだけは絶対に避けたいと思う。自由な時間が欲しくてセミリタイア生活をしているのに、贅沢をしたいがために仕事に行くなんて本末転倒もいいところ。そういう意味では『贅沢は敵』であり『欲しがりません勝つまでは』という心構えを忘れてはいけない。

その鉄壁の心構えの城壁を突き崩そうと盛んに攻撃を仕掛けてくるのが、テレビで流れるグルメ番組。芸能人が美味しい物を食べ歩くという番組は、見ていて非常に害がある。

ただ、害があると思いつつも、妻と一緒に見ながら「わぁ!美味しそう~食べた~い」とか言ってしまうのには困りもの。新型コロナウイルスの感染拡大が収束しない今、特にレジャー関係に時間とお金をかけることが少なくなり、自分の中において『食べること』が楽しみの領域を広げていることは否めない。

そんな事情を知ってか知らずか、最近は本当にグルメ番組が多くなったように感じる。以前からその傾向があったのかもしれないけど、巣ごもりをするようになってテレビを見る時間が増え、余計にそう感じるのかもしれないけど・・・。

グルメ番組があまり好きではない理由

・人が美味しそうな物を食べているのが羨ましくて正直悔しい
・芸能人だから食べられるような高い食事をしているのが羨ましくて悔しい
・価格と内容がつり合っていない食事も多く、納得できない
・食べないと『損』みたいな気持ちにさせられるのが悔しい
・妻が食べたそうにしているのに行けないのが申し訳ない気持ちになる
・セレブとの差を見せつけられているようで悔しい

こうして文章にしてみると、結局は妬みの気持ちからグルメ番組を見るのがあまり好きではないということに気付く。何だかんだ言っても、やっぱり自分もテレビで食べている人同様、「美味しい物が食べたいんだな」ということ。

それともうひとつには、セミリタイアやアーリーリタイア生活を始めてしまえば、あのグルメ番組で見たような美味しい食事をする機会を永遠に失ってしまうような気がしてしまい、「それなら我慢して働き続けた方がいいのかな?」という気分にさせられてしまうのも悲しいところ。

本当は見ていて楽しい番組なのかもしれないけれど、結局グルメ番組ってセレブとの差を見せつけられることになるので、本当の意味で楽しめるのは一部の『セレブ』だけなのかもしれないと、ひねくれた考え方をしてしまう私です。

グルメ番組はセミリタイア生活の敵なのか?

資産を無駄に流失させてしまうという意味では、グルメ番組はセミリタイア生活の敵なのかもしれませんが、それを見て純粋に楽しめれば時間のあるセミリタイア生活に潤いを与えてくれるのかもしれません。

グルメ番組から着想し、似たような料理やお菓子を作ることも現在既にあるので、特に食べる物が思いつかない時には『良い発見』になる場合もあります。

セミリタイア生活においてグルメ番組が敵なのかと言われれば、見方によっては敵にもなり、味方にもなるということでしょうか。要は受け取り側の感じ方と影響の受け方次第なのではないかという気もしてきました。

「それじゃ見なければいいじゃん」と言われてしまいそうですが、何となく見てしまうというのも自分の意思の弱さなのか、興味本位なのか、悩ましいところですね。

セミリタイア大先輩のブログはコチラ(にほんブログ村)
セミリタイア大先輩のブログはコチラ(人気ブログランキング)

関連記事