セミリタイア(アーリーリタイア)生活を夢見て実践していくブログです。

セミリタイアラーのパソコンはノートorデスクトップのどっちがいい?

デスクトップパソコンもノートパソコンも両方所有していたことのあるtake(たけ)です。

どちらがセミリタイア生活に適しているかということを今回考えてみようと思うのですが、何から検証していこうかな。そもそも検証してみるメリットはあるのかという、疑問もなきにしもあらずという気もする。

昭和時代であればさておき、平成→令和と時代は移り変わり、セミリタイア生活という引きこもり生活の娯楽環境は格段に進化(深化)してきていると思う。インターネットが出てくる前の引きこもり用娯楽と言えば、テレビや漫画(紙ベース)、単純なテレビゲームやゲームウォッチ等々のいわゆる今で言えば『ショボい』娯楽しかなかった。

そういった意味においては、インターネットのある時代を生きることができるということだけで、昔とは比較にならないほど娯楽の幅や厚みは広がっていると思われる。パソコン、スマホ、携帯ゲーム機、据え置き型ゲーム機、大画面液晶テレビからはネット配信の映画が流れ、マンガも紙ベースではなく電子書籍で楽しむ時代。

本当に良い時代になったものだ。

パソコンの話でした。

インターネットのコンテンツを楽しむために不可欠なパソコン(スマホ)という機器。デスクトップもノートパソコンも一長一短あると思う。

セミリタイア生活視点でのパソコン選択

デスクトップパソコンのメリット(セミリタイアラー目線)
・大画面モニターを選択できるため、老眼になっても見やすい(50代のセミリタイアラーには有難い)
・同じスペックであればノートパソコンより安価(低コストで生活しなければならないセミリタイアラーの財布に優しい)
・自由な時間が増えて使う時間が長くなるため、本格的なキーボードの方が操作性が良い

デスクトップパソコンのデメリット(セミリタイアラー目線)
・持ち運びができないのでセミリタイアラー御用達の図書館に持っていくことができない(パソコン持ち込み禁止の図書館もあるようだけど)
・上記と同じくカフェでパソコン作業をして『ドヤれ』ない
・狭い住宅に住んでいる場合、置き場所を取られる

ノートパソコンのメリット(セミリタイアラー目線)
・持ち出し可能なため、カフェや図書館で『ドヤれ』る
・豊富な自由時間の中、寝転んで操作することができる
・狭い住宅でも置き場所をあまり占領しない

ノートパソコンのデメリット(セミリタイアラー目線)
・デスクトップパソコンに比べて価格が高い
・同価格だとデスクトップパソコンの方が性能が上
・画面の大きさに制約がある

というような無理矢理の部分も多少ありつつも、デスクトップパソコン・ノートパソコンのセミリタイアラー目線での検証を行ってみました。ちなみに我が家では私がデスクトップパソコンを、妻はノートパソコンを使っています。

本当にどちらも一長一短あり、どれか片一方を選んでおけば間違いないということはなく、やはりメインの使い方によって選ぶものだということがよく分かりました。

私の例で言えば、人目が気になるので図書館やカフェでパソコンを使う予定もなく、自宅でリラックスした状態でじっくりと自分の文章と向き合いたいため、デスクトップパソコンが向いているみたい。

数年前に本体とは別に大型の高性能モニターを購入したので、作業環境としてはノートパソコンより格段に良い環境だと自負しています。妻のパソコンは前から使っていたノートパソコンが古くなり、その流れでノートパソコンになっただけなので、妻と二人でセミリタイアした際は、今度はデスクトップパソコンでもいいのではないかと思っているところ。

セミリタイアをすれば自ずと自宅に居る時間が長くなるため、前述の娯楽も含め、自宅で様々なデジタルコンテンツを楽しめるよう、今から知識を蓄えていきたいですね。

セミリタイア大先輩のブログはコチラ(にほんブログ村)
セミリタイア大先輩のブログはコチラ(人気ブログランキング)

関連記事