セミリタイア(アーリーリタイア)生活を夢見て実践していくブログです。

セミリタイア生活には家電量販店は不要!?

昔は家電量販店へ行くのはワクワクして楽しかったのだけど、最近は行く用事もなくてツマンナイなぁ~と思っているtake(たけ)です。

家電量販店は家電展示場になった!?

コンビニ同様に最近行かなくなったのが家電量販店。昔は特に買うモノも無いにも関わらず、暇があれば出かけていき、最新の家電製品を見るのが楽しかった記憶があります。

しかしここ最近はめっきり足を運ぶことも少なくなった。買いたいモノが無いというのも大きいのですが、やはり最大の影響はネット通販の存在。長期的な補償や設置などの必要のない小型家電(電子機器)は、インターネットの通販サイトの方が断然安く、広告の特売品として売られている商品も検索するとインターネット通販の方が安いことが多い。

そうなるとそれ程こだわりのない商品などは、実際に手に取って調べるまでもなくネット通販で購入した方が安く、それなりの価格であれば送料も無料であるため、実店舗に出向く必要性が無いのだ。

ましてや現在のコロナ禍においては、自宅に居ながらにして買い物ができるという利便性の他に、感染防止という観点からもネット通販を積極的に使っていきたいと思うのです。

中型商品で多少使い心地が気になる商品であれば、実店舗に向かい、現物を確認することもある。しかし価格を比較してしまえば、購入するのはネット通販となってしまう。

家電量販店もネット通販の価格に合わせるようになってきた

以前はヤマダ電機などで価格交渉する際、ネット通販の価格を引き合いに出しても、『ソッチはソレ』みたいな塩対応で、取り付く島もない状態でしたが、先日知り合いの買い物に付き合ってケーズデンキに行き、ルンバを買いたいというので価格交渉をしたところ、「ネット通販の価格に合わせますよ~」と簡単に言ってきたのだ。

「えっ!そうなの?」と、厳しい価格交渉の末、ネット通販で購入することになると思っていた私は拍子抜けする結果に。しかしよく考えてみれば、ネット通販会社と同等数もしくはそれ以上に家電メーカーから商品を卸しているハズなので、価格面だけで言えば対抗できない訳はないのだと思う。

ただ、家電量販店は店舗の維持費や人件費等がかかるため、店舗維持費や人件費の部分においては圧倒的に不利になっているため、単純な価格競争に巻き込まれる訳にはいかないという事情がある。

それをもってしても、ネット通販と価格を合わせると積極的に言ってくるあたり、家電量販店がいかにネット通販によって追い詰められているということが、如実に分かった先日の買い物でした。

セミリタイヤすれば家電量販店でモノを買ってもいいかも

ブログタイトルは『セミリタイア生活には家電量販店は不要!?』となっているものの、先日の事例を見る限り、価格をネット通販と同等にしてもらえるのであれば、実店舗で買い物をするのも悪くありません。

購入した製品に不具合があった場合、ネット通販であれば送り返したりする手間がありますが、実店舗であれば持ち込んで製品の交換や修理を受け付けつけてもらえるため、商品を梱包したり発送する手間が省けます。

ネット通販もアマゾンは比較的返品については簡単に行えますが、楽天などは各ショップ単位で対応しているため、対応の悪いショップから購入した場合には、返品や交換がスムーズに進まない可能性もあります。

セミリタイヤすれば混雑している土日祝に家電量販店に行く必要はなく、空いている平日の午前中に行けば丁寧な接客してもらえる上、万が一商品に不具合があっても空いている時間帯に持ち込めば、待たされずに対応してもらえる可能性が高いと思います。

何よりセミリタイヤすれば時間がたっぷりとあるので、暇な時にじっくりと品定めをしておき、ネット通販との価格差も調べておけば、お得に買い物ができるでしょう。

セミリタイヤすれば家電量販店も娯楽施設のひとつになるかもしれないと思いつつ、決して娯楽施設ではない会社に行く私でした。ちなみに私の好きな家電量販店は『ケーズデンキ』です。接客も親切で嫌味がなく、商品知識も豊富だと感じています。

ケーズデンキの回し者ではありませんが、実店舗で家電製品を購入する際は、ケーズデンキを私はオススメします。

セミリタイア大先輩のブログはコチラ(にほんブログ村)
セミリタイア大先輩のブログはコチラ(人気ブログランキング)

関連記事