セミリタイア(アーリーリタイア)生活を夢見て実践していくブログです。

セミリタイア生活に多くの洋服は不要

ここ数年は下着と靴下以外の服は買っていないtake(たけ)です。

元々服には興味がなかった

学生時代から服にはあまり興味がなく、デートに着ていく服もいつも同じようなモノが多く、それなりに揃えておきたかったのだけど、経済的な理由からそれほど多くの服を買うこともできませんでした。

1回目の結婚をした後も服には興味が湧かず、一年中同じような服を着ていたと記憶しています。服のセンスが悪くて離婚した訳ではありませんが、春夏秋冬で一番種類を多く持っていたのは夏に着るTシャツやポロシャツが多かったかな。

春秋冬の3シーズン用には、2~3着その季節に合った服を持っているだけで、多くは持っていませんでした。会社に行くのもスーツだったため、残業も多く普段は帰宅してから外出することもなく、土日祝に出かける程度だったので、普段着が殆ど必要なかったというのも大きいと思います。

50代になってから、ますます服に興味がなくなった

若い頃はある程度モテたいため、あまり好きじゃなくても服をある程度は購入しなければなりませんでしたが、再婚してパートナーとの関係が落ち着いている今、無理にオシャレをしようとは思いません。

あまりにみすぼらしい恰好をするのは憚られますが、ある程度の清潔感を持った服装であれば問題ないかと。今現在仕事を続けているため、前述の通り普段着を着て出かける機会もあまりないのもあります。

そういった状況のため、ここ数年は消耗品である下着や靴下類しか補充という形で買っていません。ユニクロを始めとした洋服店のチラシを見ても、何も欲しい服が無いといった状態。

セミリタイア生活に入ればさらに服を購入しなくなると思う

断捨離の意味も含め、1年間着なかった服を昨年バッサリと捨てました。殆ど服を持っていないと思っていても、それなりの数があったので非常にもったいないことをしたと感じました。高い服であれば6,000~8,000円もしたような服もあったため、捨てるのに本当に勇気が必要でした。

セミリタイア生活になれば資産を取り崩して生活するようになるため、そのような無駄な出費は厳禁です。絶対に捨てる際に後悔しない方法は、使わないで捨てるハメになるようなモノを買わないことだと学びました。

とても大切なことなので繰り返します!

節約のための絶対的ルールは・・・

『捨てる際に後悔しないために、使わないで捨てるハメになるようなものを一切買わないこと!』これに尽きます。

物欲がある程度収まってきた50代の私でも欲しいモノは沢山あります。欲しいモノが出てきたときの10日間ルールとか、一旦忘れてみるといった自己防衛策により、最近は無闇に買い物をしなくなりましたが、油断をすればまた無駄なモノを買ってしまいそうなので、節約のための絶対ルールを心に刻み、生活をしていこうと思います。

セミリタイア生活になればスーツで会社に行かないため、私服で過ごす時間が多くなり、洋服が以前より必要な気もするのですが、仕事のストレスを外出しての消費行動で発散する必要がなくなるため、外出する頻度が減り、結果的に洋服の消耗が減り、購入頻度も減ると考えています。

ただ、家の中で過ごす時間が増えるため、快適な部屋着を増やしてみるのは少し検討してみる余地がありそうです。

ということで、今日も私服以外の服を着て会社へ向かう私でした。いつになったら、この窮屈なスーツを完全に捨てることができる日がくるのだろう・・・。

セミリタイア大先輩のブログはコチラ(にほんブログ村)
セミリタイア大先輩のブログはコチラ(人気ブログランキング)

関連記事