セミリタイア(アーリーリタイア)生活を夢見て実践していくブログです。

公園のベンチに座って家族を想う

ひとりの時間って大切だけど、それはやっぱり身近に誰かがいるという安心感があるから大切に思えるのだと気が付いたtake(たけ)です。

いつからだろうか、ボンヤリとひとりで座っていろいろなことを考えるのが好きになったのは。普段は仕事や生活に追われ、なかなかボンヤリと考え事をする時間を持つことができないため、ひとりのボンヤリ時間は貴重だと思う。

暇があればパソコンやスマホで見知らぬ人のSNSやネットニュース、通販サイトを見ていては、ボンヤリする時間を持てない。それでも見てしまうのは何故だろう?

理由は分からないけど、とにかくボンヤリする時間が欲しくて、ひとり公園のベンチでボンヤリしてみる。

ボンヤリ公園のベンチに座って考えていたこと

・家族って何だろう?
・家族と仲良くするってどういうこと?
・家族って必要なの?
・家族って煩わしいモノ?
・家族は僕をどう見ているのだろう?

というようなことをボンヤリと考えていた。会社の人間関係や友人についてはそれほど深く付き合っている訳ではないため、じっくりと考える意味はないと思っている。家族という近しい関係であれば、今までもそしてこれからも深く関わることになるため、じっくりと考える必要があると思うのだ。

家族って何だろう?

『家族』という言葉、ネットで調べてみると次のように書いてあった。

『家族(かぞく、独: Familie、仏: famille、英: family)とは、婚姻によって結びつけられている夫婦、およびその夫婦と血縁関係のある人々で、ひとつのまとまりを形成した集団のことである。婚姻によって生じた夫婦関係、「産み、産まれる」ことによって生じた親と子という血縁関係、血縁関係(など)によって(直接、間接に)繋がっている親族関係、また養子縁組などによって出来た人間関係 等々を基礎とした小規模な共同体が、家族である。また、血縁関係や婚姻関係だけではなく、情緒的なつながりが現在の家族の多様性によって最重要視されている。』

『同じ家に住み生活を共にする、配偶者および血縁の人々。』

今の私には『同じ家に住み生活を共にする』という表現がしっくりくる。公園のベンチでひとりでボンヤリと考え事をしていても、家に帰れば妻がいて、妻と私がいることで家族になるということなのか。

また、小規模な共同体を家族と呼ぶのであれば、婚姻関係にない同居(同棲)も家族というくくりになるのかもしれない。広義で言えば、家に帰れば自分以外の誰かがいる環境が、『家族』ということになるのかもしれない。

家族と仲良くするってどういうこと?

『生活を共にする』ということは、ある程度お互いの欲望や要求を我慢するということだ。一度結婚に失敗している私は、そのことがそれなりに分かっているつもり。お互いに全く我慢する気持ちが無ければ、生活を共にすることはできない。

家族って必要なの?

コレは人それぞれ。私も離婚当初は家族なんて必要ないとやさぐれていたけど、基本的に寂しがり屋の私はひとりでいることはできなかった。世の中にはひとりでいることが平気でその方が余計な気を遣わなくていいという人もいるため、こればかりは個人の資質の問題だと思う。

家族って煩わしいモノ?

確かに煩わしく感じる時もある。だから公園のベンチでボンヤリする時間が必要なのかもしれない。しかしその『煩わしいな』という気持ちが永遠に続く訳ではなく、あるていどすればその煩わしさは消え、家族への親愛の気持ちが湧いてくる。

要は自分の心のバランス次第。家族が煩わしいと思う気持ちが四六時中あり、消えて無くならずに親愛の気持ちも湧いてこないのであれば、その人にとっての家族は『煩わしいモノ』なのだと思う。

家族は僕をどう見ているのだろう?

コレは正直分からない。家族と言えども、完全に自身の心の内をさらけ出しているとは限らないから。本当は煩わしいと思っているのかもしれないし、親愛の気持ちを持っているかもしれない。

家族であると同時に自分とは違うひとりの人間であるが故、その感情や思考を私がコントロールすることはできない。できるのは自分自身の感情や思考だけなのだから、『どう見ているのだろう』と気にするのではなく、相手を『どのように見ようか』ということに心と気持ちを使った方が良いと思うのだ。

スマホを見ないで公園のベンチでボンヤリとしてみると、様々な考えが頭の中を巡る。そのようにアレコレ考えているうち、思いも付かなかったことを発見したり、考えがまとまったりする。

忙しい毎日の合間に、このようなボンヤリする時間が持てることを幸せに感じながら、次のボンヤリタイムを夢見て今日も(ボンヤリと)仕事をする私でした。

セミリタイア大先輩のブログはコチラ(にほんブログ村)
セミリタイア大先輩のブログはコチラ(人気ブログランキング)

関連記事