セミリタイア(アーリーリタイア)生活を夢見て実践していくブログです。

金融系のアプリって何であんなに評価が低いの?

金融系やPay系アプリは殆ど使っていないtake(たけ)です。

最近はネットバンキングを使用せよという圧力が強まっていると感じています。ネットバンキングを採用している銀行のホームページを見ていると、アプリを使って取引をして下さいというアナウンスをよく見かける。

それではとアプリをダウンロードして使おうと思うのだけど、その前にアプリの評価に目を通してしまうと残念な結果に。

銀行系のアプリに寄せられる様々な苦情と不具合報告

『ブラウザからインターネットバンキング初回登録後、ワンタイムパスワードとインターネットバンキングの異なる2つのアプリをダウンロードさせられます。それらのアプリ内でログインしようとすると、既にブラウザでログイン済みなのでログアウトするように表示されます。しかし、ブラウザでログアウトしようとしても、明示的にログアウトする方法はありません。こんな銀行にお金を預ける気にならず、すぐにアプリを削除しました。ちなみに、口座開設はこのアプリでできるのに、口座を解約するには電話して書類を取り寄せて、郵送する必要があります。』

『時代の流れで嫌々アプリ作ったって感じのバグだらけの入力も出来ない最悪なアプリ』

交通系(JR)のアプリも酷評されています

『先日モバイルSuicaを利用して改札を通れませんでした。というか、そもそもタップしても反応しない始末。アプリを開きながら行ったり、電源ボタンを2回押し、Face IDでロック解除しても反応すらしませんでした。原因等々を調べても使用できない際の原因に当てはまることも無く、駅員の方に聞いても「設定がダメなんだと思います。」という曖昧な回答で、結局その時は切符を購入する羽目になり、乗りたかった電車のひとつ後の電車に乗ることになりました。待ち合わせ予定時刻より早めに出ていたからよかったものの、駅員の方のモバイルSuicaに対する理解の低さにガッカリしましたし、使用できない時の対処法が明確でないところも非常に残念です。』

『チャージされている金額が正しく表示されないことが多くなって来ました。チャージ後一瞬残高が増えるものの元に戻ったり、残高で表示されているだけ残高がなかったり。実際にチャージされている金額は間違っていませんがアプリで残高が把握できないというのは致命的です。この件について運営に問い合わせましたが返答ありませんでした。資金決済のインフラとして大丈夫なのかと心配になります。AndroidのモバイルSuicaではこんなこと発生しませんでした。Android で実現出来てることがなぜ出来ないのか。SuicaのアプリのせいではなくiPhoneの不具合と主張されていますがAppleはそのような事象は報告されていないの一点張り。どっちの責任でも良いのですがJRはサービス提供業者として然るべき対応をするべきです。Appleにきちんと対応させてください。』

完璧なアプリは存在しないと思ってはいるのですが、さすがにアプリの総合評価が星2個とかのアプリは入れたくないですよね。そのようなゴミアプリを入れることによってイライラさせられるのであれば、最初から使わない方がしあわせな気分を害されずに済みます。

アプリがクソなのは、完璧なアプリなど存在しないことを理解しているので構わないのですが、問題はこのような不具合報告や不満が噴出しているにも関わらず、それを放置し無視し続けてしまうアプリ運営側の姿勢。

不具合が多数発生し、利用者が不利益を被っているにも関わらず改善をしようとしないのは、業務を放棄しているのと同じ。それほどまでに日本の会社は人材(人手)が不足しているのでしょうか。

企業が追及するのは個人の幸せではなく、企業自体の拡大で、それは官僚や政治家が国民のことなど一切考えずに、私腹を肥やすためだけに動いているのと全く同じだと感じます。

そのような企業に我々ができることは少ないけれど、せめてその会社のサービスや商品を購入しないだとか、アプリを使わないという抵抗くらいはしてもいいのではないだろうかと思う。

アプリを使って不快な思いをしたくないという理由の他に、その会社のサービスを使わないというささやかな抵抗の意味から、クソアプリ認定されているアプリを無闇に自分のスマホに入れないという行動を、これからもとっていきたいと思うのだ。

でも、自分の会社が作っているアプリがゴミアプリだと評されて、ボコボコにされているのを見るのもつらいものがあると思う。「もっと上層部はしっかりしてくれよ~」と言いたくなる気持ちも分かる気がする。

それでも、「クソアプリを作っている人員や時間があればコッチの部署にも人員を回してくれよ~」と思いつつ、日々の仕事に忙殺されている私でした。

セミリタイア大先輩のブログはコチラ(にほんブログ村)
セミリタイア大先輩のブログはコチラ(人気ブログランキング)

関連記事